2015 CES

DS Audioは2015年1月6日~10日にかけてラスベガスにて行われたCES2015に アメリカとカナダ地域の代理店であるMusicalSurroundings(http://www.musicalsurroundings.com/)のブース内で初出展致しました。
Musical Surroundingsはアナログ関係の製品を中心に行っている輸入代理店であり、DS Audioの他にはClear Audio,BenzMicro等の輸入代理店でもあります。

CESのショーは毎年年明けにラスベガスにて行われるプロ向けのショーであり今年は15万人以上の来場者がいたそうです。ハイエンドオーディオの展示はSonyやSumsungといった会社のスピーチ等が行われるメインの会場から少し離れたベネチアンホテルのスイートルームを使って行われます。今年は4フロアに渡って展示が出されており全ての部屋を見るのはとても難しい程多くのメーカーで溢れかえっていました。(正確な数はわかりませんが1フロアあたり50部屋以上あったのではないでしょうか)


   Musical Surroundings のブース入口            Magicoの新製品でデモ


  公式にはUS地域初出展となるDS-W1 の展示    US地域では”Nightrider”といった名前が付いています

アメリカでは日本にも増してアナログ熱は高く多くのブースでアナログを使ってデモが行われていました。
日本では過去の光電式カートリッジを御存じの方も多いですが、アメリカでは過去の光電式カートリッジの知名度は低く、光カートリッジをみて「何これ??!!」といったリアクションが多かったように思います。
幸いにもとても多くのお客様に興味を持って頂きとても良いスタートを切ることができました。
アメリカでも多くのお客様がMCカートリッジとの比較試聴をされておりましたが、光カートリッジは「openreel sound!(オープンリールサウンド)」という声が多く、皆様歪みのない光カートリッジの音に驚いていました。
なお非常に光栄なことに光カートリッジはDS-W1はSONY様のブースでもデモ機材として使用して頂きました。
ラスベガスでのCESは今年で10回目、20回目といった常連の方々が多い中DS Audioにとっては初めての参加とであり、非常に勉強となる良い機会となりました。
来年以降もっともっと注目されるブランドになれるよう頑張っていこうと思います。

デモ機材
         MAGICO[S3](SP)+AESTHETIX(pre+power) 
         +AMG[VIELLA 12](turntable)+DS Audio[DS-W1](CR+EQ)


   DS-W1 with AMG turntable          ベネチアンホテルスイートルームにて展示    


      DS-W1”nightrider” はSONYのブースでもデモ機材として使用して頂きました


      ラスベガスの夜の風景1             ラスベガスの夜の風景2